多治見中学校 4つの柱
1 自然と共にある
 中学校の様々な場所と活動が、風、光、土、緑、水、虫、鳥、動物たちと親しい関係を持つ。
 敷地は植物で覆われ、周囲の山々や公園の緑とつながりを持ち、校内は鳥や虫が訪れる。
 花や若葉の香り、木々の実り、雨の美しさ、四季の移り変わりを楽しめるような環境となる。
2 心身共にのびのびいきいき
 五感に訴える空間であること。少年少女期、人間の感性はもっとも鮮やかに働く。
  手触りで素材を理解し、体の感覚で形、大きさを感じる。
  差し込む光、風の方向、水の冷たさ、樹木の色の変化によって方位を知り、季節を知る。
  光と影、艶、色、視点の変化によって物を感じる。
 このような感性が一層高められるような環境であること。
 内部空間、半外部空間、外部空間が連続すること。身も心も箱に閉じこめられないこと。
3 ここにしかない自分たちの場所
 
地域への、学校への、小さな部分への愛着心が生まれるような環境。
 毎日の多くの時間の、多様な活動の場、生活の場。土地の特性が十分生かされていること。
    --地形、街並み、くらし、歴史、緑、水-- 
 ひとりひとりのお気に入りの場ができること。特徴を持つ様々な領域、様々な部分があること。
    --クラス、ハウス、学年単位、中庭、南庭、テラス、廊下、東屋、屋上庭園--
    --池、丸柱、様々な手すり、ベンチ、内流し、外流し、カウンター、大壁--
4 成長していく学校
 
各内部、外部空間は、その時々の意図や環境によって変化し続ける。
 日々の多様な用途に使用できる空間であること。
 先生、生徒、地域参加によって、少しずつ作り続けることのできる空間であること。
 その時々の要望に応じて、変更の容易な色彩計画。
 躯体を残しつつ、プランの変更が容易な構造計画。
Four themes of the Tajimi Junior high school
1 Living with the nature.
Places and activities within the school hold close relation with wind, light, ground, greenery, water, insects, birds, and animal.
The site is covered with plants and integrates with surrounding hills and parks. Birds and insects visit the school.
The environment will be a place to enjoy changing seasons through experiencing smell of flowers and leaves, fruits from the trees, and beauty of rain.
2 Relax and stretch both mind and body
The place must appeal to our five senses. In adolescence our sensitivity is in full spread.
One must understand the materials with his own hands, and understand forms and scales with his body.
Knowing the directions and seasons by changes in colors of the trees, coldness of water, direction of the winds, and penetrating light.
Feeling things by changes of viewpoints, colors, gloss, and light and shadow.
The environment must be a place to heighten this sensitiveness
Interior space and exterior space must be in sequence through inside- outside space. Both body and mind should not be closed up in a box.
3 A place only for themselves
An environment should make an attachment to small details, to the school, and the community.
It is a place to spend most of the day and have various activities. It is a place to live. Vernacular characters must be fully exploited.
 -Land form, townscape, living, history, greenery, and water-
Each student must have favorite spot in school. Areas with specific features and parts must be there.
 -Classroom, house, class division, courtyard, south garden, terrace, hallway, gazebo, roof garden-
 -Pool, columns, handrails in variation, bench, inside sink, outside sink, counter table, great wall-
4 Changing and growing school
Each interior and exterior space must adapt to changing aims and situations day to day.
It should be able to be constructed little by little continuously by teachers and students, and by community participation.
The color scheme also must be able to change to meet expectations of the time.
The building must live in changing situations with prepared flexibility in structure and finishes.
部室棟前 多治見市内黒塀の家 多治見市内モザイクタイルの家 三ツ池から見る 中庭から山への緑の連続 中庭 中庭に集まる生徒 中庭点景1 中庭点景3 中庭と半外部廊下 一階廊下 屋上庭園 屋上の生徒たち お気に入りの場所 廊下で遊ぶ 教室 アルコーブ プロムナード オープンカフェ アリーナ 20世紀の壁
つるばら
中庭点景2 中庭点景4
南面立面
プロムナードの池
半屋外スペース
多治見市内 黒い壁
In Tajimi Black wall.
多治見市内 モザイクタイルの装飾
In Tajimi Ornament in mosaic tiles.
南側ファサード 南の庭と中庭の連続
South elevation
Sequence of garden and courtyard.
中庭のケヤキと三階のテラスの緑と
遠方の山の緑が連続する
A zelkova tree in the courtyard and greenery of the third floor terrace
Green of the far mountains is in sequence.
中庭
courtyard
外に出てくる
Coming out.
中庭は、集合場所である
中庭は、勉強するところである
The courtyard is a meeting place.
The courtyard is a studying place.
中庭は、公園である。
中庭は、鞄置き場である?
The courtyard is a park.
Is the courtyard a baggage place?
中庭に面した開放的な廊下
Open hallway facing the courtyard.
一階廊下と半屋外スペース
First floor hallway and
inside-outside space
緑化された屋上と背景の山
Roof top in green and mountains in backdrop.
屋上に集まる生徒たち
Students gathered on the roof.
廊下 居場所
Hallway. A place to be.
廊下 遊び場
Hallway. Play area.
教室 奥はアルコーブに繋がる
Classroom. End leads to an alcove.
アルコーブで給食
Lunch at the alcove.
プロムナードは地域に開放される
Promenade is open to the community.
中庭も地域に開放される
The courtyard is also open to the community.
アリーナ
arena
20世紀の壁
The wall of 20th century