7PRINCIPLES-7
1場所の表現
2住居とは何だろう 5自然を受けとめ、楽しむ
6あいまいもこ
3多様性
象設計集団について
7自力建設
4五感に訴える
7PRINCIPLES LIBRARY
7 自力建設
自力建設とは,単に具体的な建設を指すのではありません。自らの地域を,自らの手でつくり上げてゆく哲学です。近代の制度を超え,地域を超える生命の叫びです。方法論を場所にもち込むのではなく,場所がもつ初源的な力を発見し,それらを収斂させることなのです。
機械よりは多くの雑多な人々,知識よりは知恵,速さよりは持続力,理性よりは情熱,狂気,妥当よりは過剰,規範よりは埓外のものごと,結論よりは終わりのない問いかけ,形姿に求められるものは魔力。
最後に,空間の緑化がもっとも大切です。
にはにはにはしさん
ばかなふたりはきょうもまたあなをほりつづけています
穴の深さも方向も全くわかりません。私たちはどこにいるのか、どこに向かっているのかもう全くわかりません。それでも堀続けます。他にすることもないのです。
氷 光
竹 ドーム
ひかり保育所 建設
竹 氷 光
ひかり保育所 上棟式
このなかで、いちばんえらくなくて、ばかで、めちゃくちゃで、てんでなっていなくて、あたまのつぶれたようなやつが、いちばんえらいのだ。    
7 Exertive Building
"Exertive Building"-or the act of building with one's own exertion-does not merely mean building something concrete by oneself. It is our philosophy to create autonomously one's or our own place. It is not to impose certain methodology on a given place; rather it is to discover and let converge the primordial forces of the place. We favor:
a bunch of people rather than machines;human wisdom rather than knowledge;continuity rather than speed;passion and zeal rather than reason;excessiveness rather than adequacy;extranorm rather than the norm;endless questions rather than a conclusion.
Exertive building is life's outcry, which transcends modern institutions and regional boundaries. In such an effort we seek to imbue forms and appearances with magical power. Finally, the greening of the space is most important.