7PRINCIPLES-5
1場所の表現
5自然を受けとめ、楽しむ
2住居とは何だろう
6あいまいもこ
3多様性
象設計集団について
7自力建設
4五感に訴える
7PRINCIPLES
LIBRARY
5 自然を受けとめ、自然を楽しむ
建築は,自然の影響をかなりの程度コントロールすることができます。気候を楽しむためには,厳しい暑さや寒さや,湿気を和らげるための工夫が必要となります。深い庇,土に覆われた屋根,風の道,防風林,パーゴラ,木陰などは,私たちがよく用いる装置です。デザインの過程でもっとも重要なことは,建築と自然環境との調和を図ることです。建物の中で暑さや寒さを感じたり,季節の移り変りを感じたりできることは,大切な要素です。自然と共に暮らしてきた永い時間の中で,人間の身体は体内で時間の流れを感じるように進化してきました。私たちは,体内時計のリズムを守りながら,季節の移ろいに対する感受性を高めるような空間をデザインしたいのです。
岐阜 多治見中学校 山梨 オーチャードヴィレッジフフ
多治見中学 平面
十勝 高橋建設
十勝 然別湖氷上風呂
5 Enhancing and Enjoying Nature
The structure and the space it defines impose a degree of control on the climate. To enjoy the climate there should be devices to soften the severe elements of heat, cold and humidity. Deep eaves, earth-covered roofs, wind passages and air-wells are some of the softening devices we employ. The imperative of our design process is to search for balance between a mechanically controlled environment and nature in architecture. Feeling hot or cold and being able to mark the changes of seasons within the structure is an important factor. From eons of living with nature, our bodies have evolved an internal awareness of the march of time. We want to design spaces that enhance our sensitivity to the events of the seasons, keeping the rhythm of our internal clock.